竹編み針とaddiメタル輪針の編み心地を比較!初心者には竹がおすすめな理由

先日、梅村マルティナさんのKFSウェブショップaddiの輪針を購入しました。

【Opal(オパール)毛糸・addi】KFSショップでお買い物しました

2019.12.22

私にとっては初めてのメタル編み針だったのですが、実際に編んでみると編み心地があまりにも違うことに大変驚きました。
この記事では、竹編み針とaddiメタル輪針の編み心地と、良い点悪い点についてまとめます。

addiメタル輪針の編み心地とメリット・デメリット

編み心地

とにかく滑りが良く、なめらか!「スルスル」という表現がぴったりです。
編むスピードが1.5〜2倍くらいになるんじゃないでしょうか?編み終えて右側に溜まっていく網目もぴっちり詰められるので、針を持ち変える回数もかなり減ります。
スルスルすいすい編めて気持ちいい!病み付きになりそうな編み心地です。
編み地はもっちりとした感じになります。

メタル針で編むメリット

編むスピードが速くなる

滑りがものすごく良いので、編むスピードが速くなります。どんどん編みあがるので、ますます編みたくなるという正のスパイラル!
ベルンド・ケストラーさんが「速く編みたいからメタル針を使っている」と書いていて、「そんなに変わるものかな?」と思っていたのですが、変わります。

編み目が揃いやすい

摩擦が少ないからか網目はぴっちり詰まり、心なしか編み目が揃いやすい感じがします。速くて網目が揃う=最高。
私の場合は、竹編み針で編んだ時とはゲージが変わります(一辺あたりの目数・段数共に少し増えます)。

マジックループの編み針を戻す操作がやりやすい

これも驚きました。
竹編み針でマジックループをしていた時は、毎回コードから編み針に戻す時に「ふんっ、ふん!」と一生懸命戻していたのですが、メタル輪針はこれが必要ありません。コードと針の境目を感じないくらい、スルッと戻ります。

メタル針で編むデメリット

目を落としやすい

しつこいようですが、とにかく滑りが良いので、油断していると目を落とします。もしくは滑らせます。
私の場合は、竹編み針ではしたことのないすべり目を頻発・・・笑
初心者の方は竹編み針が良いと言われているようですが、私も同意です。竹編み針に十分慣れてから、メタル針にトライしましょう。

糸割れしやすい

とにかく摩擦が少ないので、甘撚りの糸だと糸割れがしやすいです。うっかり糸に針をぶつけると、もう「するん」となんの抵抗もなく糸割れしてしまいます。笑

竹編み針で編むメリット・デメリット

竹編み針で編むメリット

ふっくらとした編み地になる

竹編み針は糸と編み針の間にしっかりと摩擦があるので、メタル針で編んだときよりもふっくら、空気を含んだような仕上がりになります。個人的には、手編みの優しい雰囲気が編み地に出やすいのは竹編み針だと感じます。

目が落ちにくい・すべりにくい

メタル針と逆で、竹編み針の摩擦で糸が針に良い感じで止まるので、目が落ちにくいです。すべり目になることも、気をつけていればあまりありません(慣れれば)。

竹編み針で編むデメリット

速く編みにくい

これもメタル針とは逆で、竹編み針の摩擦で針を速く動かすのが難しいです。また、メタル針よりも編み目をずらす作業が多いのも、編むスピードが遅くなる要因になります。

結論:初心者は竹編み針、慣れてきたらメタル針を使うのがおすすめ

メタル針と竹編み針の編み心地はかなり違うことが、実際に編み比べてみてわかりました。

竹編み針は目が落ちにくいので、初心者の方は竹編み針から始めるのがおすすめです。初めからメタル針で編むと、目がスルスルこぼれて編み物が嫌になっちゃうかも・・・?

またある程度慣れて、竹編み針では滅多に目を落とさない…くらいのレベルになったら、メタルに切り替えることを個人的にはおすすめします。もう、とにかく速く綺麗に編めます!
私は竹編み針をたくさん持っているのですが、メタル針にハマってしまって全然使わなくなってしまいました…どうしよう。

という話はさておき、竹編み針とメタル針で悩んでいる方が参考にしてくださったら嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!みなさまにとって、今日が穏やかで良い1日になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA