Debbie Bliss yarn(デビーブリス)でケストラーさんミトンを編みました

以前、息子用のいいねっ!ミトン(ケストラーさんミトン)を編みました。

<目数付き>5歳子供にベルンド・ケストラーのいいねっ!ミトンを編みました

2019.12.16

色合いも息子っぽくて気に入ったし、Opalの6ply(ぽっちゃり君)で編んだので編み地も丈夫。
息子も「あったかい!」と喜んでくれています。編み地がアートっぽいのもお気に入り。

すっかり満足していたのですが、息子を見ているうちにだんだん、「私のも欲しい…」と思うようになってきました(笑)
よし、じゃあ編もうと糸選びを始めたものの、たくさんある在庫はほとんどがOpalの4ply。
靴下を編む時のOpalの柄の出方は大好きなのですが、ミトンとなると…自分用だとあまり好みじゃないのです。

じゃあ好きな糸で編もう、とネットの毛糸屋さんをウロウロした結果、Debbie Bliss(デビーブリス)の毛糸を購入するに至りました。

Debbie Bliss yarnとは

イギリスのニットデザイナーDebbie Blissさんがプロデュースしている高級毛糸ブランドです。日本では毛糸ピエロさんや毛糸zakkaストアーズさんで購入できます。通常価格は1玉50gで953円(税込)とすこし高価ですが、結構頻繁に半額〜半額以下の金額に値下げされます(ちなみにこれを書いている今も、毛糸zakkaストアーズさんで431円(税込)になっています!狙っている方は急いで〜!)

単色と段染めがあります。

単色はこちら

段染めはこちら

私は段染めのOceanを購入しました。本当はGrantieが良かったんですが、売り切れていて残念。。。

Debbie Bliss(デビーブリス)トーナルズの編みごこち

この糸の品質は、ウール55%、アクリル33%、カシミヤ12%。なんとカシミヤ入りです!
ウールのようなチクチク感はなく、むしろすべすべもっちりとした肌触り。見た目は少しツヤがあります。

指定針は4〜5号で、私は5号の竹針(15cm短針)で編みました。

編みごこちはというと、私にとってはすごく編みやすいです。竹針との相性が良いのか、すべりがちょうどよく、糸割れもせずサクサクと編めます。
編み地は柔らかくもっちり、しっとり。
私、ものすごく気に入ってしまいました。

編みあがったケストラーさんミトンはこちら

ブロッキング前の写真ですが、特にメリヤス編みの部分は(技術不足の私が編んだにもかかわらず)目が揃ってみえます。綺麗に編みやすい糸でもあるみたいです。
シンプルな段染めですが、色合いも綺麗に出てくれています。かわいい!!
気に入りました^^

一玉で1ペア編めてしまったのも嬉しいポイント。ケストラーさんの本には片方25g使うと書かれていたのですが、指定糸よりも軽いようですね。片方20g弱で編めてしまい、だいぶ糸が残りました。
2玉買っておいたのですが、まるまる1玉余ってしまいました〜という嬉しい誤算です。

基本のミトンのMサイズを編み図通りに編んだのですが、少し小さめの私の手にぴったりサイズでした。
かわいくて、使うのがもったいない!!しばらく観賞用になってしまうかも、という感じです。

Debbie Bliss Yarn、すごく気に入りました!

この糸、個人的にものすごく気に入ってしまいました・・・!
編みあがったミトンも、ふかふか・しっとり・すべすべ・もっちり…
と、気持ち良さの塊のような仕上がりに。これを普段使いして汚れるなんてもったいない!みたいな。

「ふかふかもっちり」が癖になりすぎて、次はクッションカバーとか編んでみたいです。
仕事の合間にもふもふしたい。

※後日談ですが、あまりにも気に入ったので、年末のセールで10玉まとめ買いしました!そのレポートはまた後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA